たまのお法律事務所
たまのお法律事務所弁護士紹介・ご挨拶

弁護士紹介・ご挨拶

弁護士紹介

中 野 正 博
愛知県名古屋市出身
 

昭和56年愛知県立千種高等学校卒業
昭和61年東北大学経済学部卒業

銀行員(邦銀、外銀)
メーカー財務 等を経て

平成23年8月弁護士登録(旧64期)
都内法律事務所在籍

平成24年8月当事務所開設

ご挨拶

事務所名について
事務所名の由来を聞かれることがよくあります。
「たまのお」(玉の緒)とは首飾り等の美しい宝玉を貫き通すひものことを意味するようで万葉集でも使われています。また、新古今和歌集などで使用されているように「生命」という意味もあります。更に伊勢物語では短いことのたとえとしても使われています。
このような言葉を事務所名としていますとさぞかし日本文学に造詣が深いように思われますが、実は、独立して開業するに際し、国文学者である学生時代の友人が開業のはなむけとして考えてくれたいくつかの事務所名の候補の中から、法的な問題に直面した相談者・依頼者の方々が、大切にしているものを守り、問題を早期に解決し、抱えている悩みを少しでも早く解消するためのお力になりたいという希望を込めて「たまのお法律事務所」を事務所名として選んだのであり、残念ながら日本文学に造詣が深いというわけではありません。
法律相談・事件の受任に際し心がけていること
当事務所は事業会社、事業者のお力になるとともに、個人の方が様々な法的な悩みを解決するためのお力になることを目指しています。
法的な問題の解決方法は必ずしもひとつではありません。多くの選択肢が存在しうるのが通常です。その中のどの選択肢が最良であるかは、具体的な状況、依頼者の方の置かれた環境により異なってきます。だからこそ法的な問題の解決には、まずは出来る限り正確に現状を把握・整理・分析することが重要となります。次に正しい現状分析の上で法的な問題の解決のために取り得る選択肢を各々のメリット・デメリットを相談者の方が抱える事情(制約条件)と共に検討し、どの解決策を選択するのかを決定する必要があります。
問題は、多くの場合において単純に最も金銭的利益の多い解決策を選択することが必ずしも相談者・依頼者の方の利益を最大化することとはならないという点にあります。
そこで、当事務所では相談者・依頼者の方と時間をかけて現状の分析をおこない、解決策として取りうる複数の選択肢を各々の長所、短所と共に出来る限り日常用語を用いて分かりやすくご説明し、相談者・依頼者の方がご自身にとって最も利益となる解決策を選択されるためのお力になれるよう心がけております。

当事務所は働く人のために出社前の早朝からの法律相談にも応じております。是非ご利用ください。
弁護士費用
サービス紹介
事務所案内
電話番号
たまのお法律事務所 〒105-0003
東京都港区西新橋1-21-8
弁護士ビル508号室
アクセスマップはこちら