たまのお法律事務所

外資系金融機関で「リストラの対象となったのでは?」とお感じになった場合

Ⅰ.会社への対応に関する留意点(概略)

まずは
  • 自らの立場を出来る限り正確に把握し
  • 今後予想される会社の具体的行動について周囲から情報を収集し
  • 自らが取り得る選択肢と各々の選択肢のメリット・デメリットを分析し
  • 自らの置かれた立場においてどの選択肢を採用するのが良いのかを検討
する必要があります。
その後、初めて
  • 具体的な対応策を実行
すべきと考えられます。
 ~  については弁護士と相談しながら進めることに一定のメリットがあると考えられる方も少なくないようです。

Ⅱ.弁護士へ相談する場合の不安について

しかし、弁護士への相談は、
  • 相談をした弁護士が
    a. 代理人として会社と裁判外の交渉をおこなう
    b. 各種裁判手続き(訴訟、労働審判等)の代理人として活動する
ことを前提とする場合が多いことから、弁護士に相談することは直接事件の依頼へと繋がり、結果、会社と正面から争うこととなる
  • 弁護士の相談料は相当高額なのではないか
等の不安を持たれ弁護士への相談を躊躇される方も多いようです。

Ⅲ.当事務所のご提供するサービスについて

良い解決を得るためには、具体的な行動を起こす前に対応策を検討しておく必要があります。
当事務所では具体的な行動を起こす前に、早い段階で弁護士と共に今後の対応策について検討を加えることが良い結果に繋がるものと考え、直接の代理人としての受任を前提としないご相談に応じております。
代理人としての受任を前提とせずに、純粋に今後の方針の検討をするためだけの法律相談をお受けしております。
ご相談の面談は標準2回となっておりますので、初回面談の後、2回目の面談の前にご自身のお考えをおまとめいただくことで効率的な面談が実現できます。

Ⅳ.当事務所のご提供するサービスの利点について

この相談を利用することにより、
  • 早い段階で取り得る選択肢をそれらのメリット・デメリットと共に把握し、今後の方針の検討をおこなった上で会社との交渉に臨むことが出来る
  • 代理人を立てずに自分自身で会社と交渉することにより
    会社との円満な話し合いを実現するとともに
    弁護士費用をはじめとするコストの削減を可能とする
  • 仮に弁護士に依頼して裁判外の交渉あるいは裁判手続きにより解決することを選択する場合も、その段階で白紙の状態で弁護士を探すことが出来る
こととなります。

Ⅴ.当事務所のご相談を利用される場合の流れ

  • 「お問い合わせ」フォームへの必要事項の記入
    具体的な状況(リストラ対象となったと感じた理由、会社からどのような書面を受領したか等)
    特に重点的に相談したい事項
    当事務所にご来所いただくことが可能な日時
    希望面談時間(1時間~2時間)
    等をお名前、ご連絡先等と共にご記入いただくこととなります。
    尚、「お問い合わせ」フォームにご質問事項をお書きいただきましてもメール、電話等でのご相談内容に関するご回答は一切いたしません。
  • 上記のご連絡を頂いた後にご面談の日時及び相談料をご連絡致します。場合により当方よりご質問をすることもあります。
  • ご連絡したご面談日時で問題がないか確認のご連絡をいただきます。
  • 当事務所から
    ご面談日時の再度のご確認
    ご面談当日までにお考えいただく事項
    ご面談当日にお持ちいただくもの
    のご連絡をいたします。

Ⅵ.相談費用

3万円~5万円(2回の面談費用を含む、別途消費税)
  • ご面談時間及び具体的状況により異なります
  • ご面談予約時に相談費用は面談時間と一緒に確定いたします(事前にメールでご連絡致します)
  • 相談費用はご面談当日に現金で頂戴します(クレジットカード使用不可)

Ⅶ.面談時間

1回につき1時間~2時間(事前にご準備いただくことにより効率的な相談を実現いたします)

弁護士費用
サービス紹介
事務所案内
電話番号
たまのお法律事務所 〒105-0003
東京都港区西新橋1-21-8
弁護士ビル508号室
アクセスマップはこちら